土地の名義変更で争わない為に

土地の名義変更を行うのは一筋縄ではいきません。

まず、土地の名義変更するにあたって、何らかの理由が必要となってきます。

最も多のが相続のパターンですよね。

土地の名義主が亡くなられてその土地を誰が相続するか・・といったことです。

これが一番多い名義変更の理由です。

しかし、その時揉めるのを防ぐために、最近は生前に名義変更を行おうとして実際に行っている人が増えているのです。

特に生前に何も決めていなかったり、特別な遺書などもない・・ということになってしまえば、困ってしまうのは残された遺族です。

遺族では揉めたくない・・と誰もが思っていることと思いますが、そう思っていても揉めざるを得ない状況が出てくると言えるのです。

土地は、大きな財産です。

高額な価値のものを相続出来るのは相続人全員と言うわけではありません。

その中でたった一人しかこの財産をもらうことが出来ないのです。

ですから、揉めたくなくても揉めてしまうのです。

故人が大切にしてきた土地のことで揉めないようにも、生前に土地の名義変更を行ってしまうというパターンが最近増えているのはこういった理由が大きいと言えるでしょう。




Comments are Closed