未分類

now browsing by category

 

土地の名義変更と専門家

正直申し上げて、土地の名義変更を行うのは手間や時間がかかるというお話をさせていただきました。

書類を全て作成したり、集めたりするのも一筋縄ではいきません。

そして、必要な書類を自分で調べて集めたつもりであっても見落とししていたりたりなかったり、間違えていたり・・と言うのは少なくない話です。

ですから、こう言った時は自分で行おうとせずに、惜しまず専門家に頼んでしまうことも一つの手です。

と言うか、こちらのケースの方が多いですね。

やはり一般人は普段関りのないことですから、自分たちの手ではどうにもならないことも出てきてしまったりするわけです。

専門家に頼んでしまえば、言われたことだけをやっていけば良いですし、間違いはありません。

確実に見落としなく、土地の名義変更を行うことが出来ると言えるでしょう。

揉めることも減るかと思います。

こちらで決めるのは、誰に名義変更を行うか・・ということだけです。

故人が大切に守ってきた土地だからこそ、スムーズに名義変更を行って、その土地の名義をもらった誰かは引き継いで大切に守っていけると良いですね。

土地の名義変更のための書類集め

土地の名義変更で最も多いのは相続と言う理由ですが、実際にそういった事態に直面した場合、誰もが焦ってしまうことです。

人生のうちに一度経験するかないかの事柄ですので、焦ってしまうのも無理ありませんし、知識などがなくても仕方のないことです。

まず、少しでも冷静に対応できるように、落ち着いて行動することが大切です。

そのために、少しでも知識を頭にいれておけると良いですね。

大雑把な手順だけでも構いません。

まず、相続人全員で話合いを行わなければいけないと言うお話しをしました。

誰に名義変更を行うかが決まっていないと、話は進みませんものね。

誰に名義変更を行うかを決める会議を相続人で行うのです。

それが決まりましたら、そのことを文面に書きます。

それからは、様々な書類作りが必要となってくるでしょう。

亡くなられた方の生後から亡くなるまでの戸籍謄本などは集めるのが大変です。

相続人全員の戸籍謄本も必要となってきますし、書類を全て揃えるのも手間や時間がかかってしまうと言えるでしょう。

それが集まりましたら、法務局に提出して名義変更を行うことが出来るのですが、見落としなどでやり直ししなければいけないパターンもありますのでお気を付け下さい。

誰に名義変更を行うのか決める

土地の名義変更を行うには、何らかの理由が必要となってきます。

最も多のが、相続です。

でも、最近は、相続の際に揉めないように、生前の贈与が多くなってきました。

実際に、相続の時はどのような流れになるのでしょうか。

それは、まず名義主が亡くなられて遺書などが特別ない場合、誰がその土地を相続するのかと言うことを話し合わなければいけません。

その話は相続人全員で行わなければいけないのです。

全員で行わなければ揉めてしまう可能性があるからということでしょうか・・?そういったことももちろんありますが、法律で決められているのです。

誰が相続するか決める話合いは相続人全員で話し合わなければいけないと言うことが決まっているのです。

ですが、全員が一つの場所に同じ時間集まって話し合うとなると、結構大変なことですよね。

皆が皆、同じ場所にいるとは限りません。

ですから、全員会って話し合うのが難しければ、電話などでも大丈夫です。

しっかりとその話合いにその相続人の意思が考えが残されていれば問題ないのです。

「全員で話し合った」ということがあれば良いので、全員がそれで納得出来ていれば問題ないと言うことです。

土地の名義変更で争わない為に

土地の名義変更を行うのは一筋縄ではいきません。

まず、土地の名義変更するにあたって、何らかの理由が必要となってきます。

最も多のが相続のパターンですよね。

土地の名義主が亡くなられてその土地を誰が相続するか・・といったことです。

これが一番多い名義変更の理由です。

しかし、その時揉めるのを防ぐために、最近は生前に名義変更を行おうとして実際に行っている人が増えているのです。

特に生前に何も決めていなかったり、特別な遺書などもない・・ということになってしまえば、困ってしまうのは残された遺族です。

遺族では揉めたくない・・と誰もが思っていることと思いますが、そう思っていても揉めざるを得ない状況が出てくると言えるのです。

土地は、大きな財産です。

高額な価値のものを相続出来るのは相続人全員と言うわけではありません。

その中でたった一人しかこの財産をもらうことが出来ないのです。

ですから、揉めたくなくても揉めてしまうのです。

故人が大切にしてきた土地のことで揉めないようにも、生前に土地の名義変更を行ってしまうというパターンが最近増えているのはこういった理由が大きいと言えるでしょう。