誰に名義変更を行うのか決める

誰に名義変更を行うのか決める

土地の名義変更を行うには、何らかの理由が必要となってきます。

最も多のが、相続です。

でも、最近は、相続の際に揉めないように、生前の贈与が多くなってきました。

実際に、相続の時はどのような流れになるのでしょうか。

それは、まず名義主が亡くなられて遺書などが特別ない場合、誰がその土地を相続するのかと言うことを話し合わなければいけません。

その話は相続人全員で行わなければいけないのです。

全員で行わなければ揉めてしまう可能性があるからということでしょうか・・?そういったことももちろんありますが、法律で決められているのです。

誰が相続するか決める話合いは相続人全員で話し合わなければいけないと言うことが決まっているのです。

ですが、全員が一つの場所に同じ時間集まって話し合うとなると、結構大変なことですよね。

皆が皆、同じ場所にいるとは限りません。

ですから、全員会って話し合うのが難しければ、電話などでも大丈夫です。

しっかりとその話合いにその相続人の意思が考えが残されていれば問題ないのです。

「全員で話し合った」ということがあれば良いので、全員がそれで納得出来ていれば問題ないと言うことです。